愛犬を皮膚病から守るには|健康管理も飼い主の義務

人間と同じように

ペットの墓

ご自宅で供養する

ペットを飼われているご家庭は多く、そのほとんどが犬や猫のような動物です。まだまだ長生きして欲しいと思うところですが、もしペットが病気やケガまたは寿命で亡くなった場合どうしたらいいのでしょうか。考えたくもないでしょうが、ずっと一緒にいてあげたいと思うのであればペット供養をおすすめします。今回のペットは犬や猫に限定しますが、もし亡くなった場合は人間と同じように火葬して葬儀を行い送り出してくれるサービスがあります。そちらでは遺骨を持ち帰ることができるので、ご家庭で自由に供養ができます。大切な家族でもあるペットもお家に連れて帰って、みなさんの愛情を以前と変わらず注ぐことでペット供養となるのではないでしょうか。

いつも一緒に

ペット供養には決まりはないので、飼い主の自由な形で供養すればいいのです。もし外出先でもペットと一緒にいたい、ずっとそばにいたいというお気持ちがあるのなら遺骨を入れたアクセサリーやストラップなどを使用してはどうでしょうか。いろいろなデザインがあり、違和感のない仕様になっているため気兼ねなく持ち歩くことができます。インターネットで検索すれば簡単に購入可能です。また骨壺に入れてご自宅においておけば、お線香をあげることや手をあわせることもできます。ペットとの思い出の写真を飾り、お気に入りのおもちゃやおやつをお供えしておけばきっとペットも喜ぶことでしょう。ペットが亡くなることはとても悲しいですが、こういった形でペット供養をしてあげられます。