愛犬を皮膚病から守るには|健康管理も飼い主の義務

人気の日本犬とは

女性と犬

純和風の容姿が魅力

近年ブームになっている犬種としては、柴犬が挙げられます。柴犬は洋犬の人気に押されて一時期は人気も下火でした。昨今は、再びニーズの高い犬種として、存在感を高めています。柴犬は中型犬に分類されますが、実際はかなり小型です。従って、現在の住宅事情の中でも比較的飼い易い犬種と言えます。性格も従順で大人しく、飼い主にもよく懐く犬として好評です。しつけ方によっては、吠え癖が少ないのも柴犬の魅力の一つです。元々余り鳴かない性格の犬が多く、無駄吠えを嫌う方からも人気があります。警戒心が強く、優秀な番犬として役立ってくれるのも、柴犬の特徴です。純和風の容姿には特にファンが多く、ペットショップでも取り扱い数の多い犬種となっています。

遺伝性の病気を確認

柴犬などの純血種の犬を飼い始める時は、ブリーダーを通じて遺伝性の病気を確認します。純血種の犬の場合には、一定の確率で遺伝する病気があるのが現実です。その血統特有の病気や脆弱性もあるため、事前に知っておくと後のためになります。良心的なブリーダーの場合には、このような情報も教えてくれることが多いです。子犬は、通常ワクチンの摂取時などに獣医師の健康チェックを受けます。このようなチェックで、何らかの異常が指摘されている子犬もいるのが本当の所です。日常生活に問題がない程度であれば、そのまま飼い主に販売されることもあり得ます。子犬を購入する際は、こういった事情があることも踏まえることが大切です。情報が分かれば、何らかの対策を講じることも出来ます。